クレイセラピー

March 6, 2017

気づけばもう三月ですね。

先月は自宅の引越しがあったので、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

なかなかブログの更新もできず、すみませんでした。

 

先月から大阪の高槻にあるアロマフランスというクレイのスクールのドミニク先生にクレイセラピーを習っています。

フランス人のとってもチャーミングな先生です。

 

クレイのことだけでなく、自然療法についても溢れる知識をお持ちです。

そして先生ご自身が重度のリウマチをクレイをはじめとする自然療法で克服されたそうです。

 

クレイは顔に使う泥パックというとイメージがわくと思います。

いわゆる鉱物を含む粘土で、吸収吸着効果があります。

 

臭いを吸収したり(実際、下駄箱の匂いがなくなりましたし、体につければデオドラント効果もあります)

体の毒素を吸着したり。疲れをとる、血流促進、美白、傷を治すなど、顔パック以外にもたくさんの使い方があります。

 

そして、アロマは成分を体の中に入れるイメージですが、クレイは余計なものを出してくれるイメージです。

 

 

家庭療法としてのクレイのいい点は、使用期限がなく、日光に当ててもいい(むしろ当てた方が良い)など保管や楽なこと。この写真は我が家のクレイたち。日光浴してます。

 

 

私は、むすこのアトピーのような関節の傷が一晩できれいになったことからクレイに引き込まれましたが、本格的に習い始めて作用の根拠も分かり、家庭療法の幅が確実に広がっているのを感じます。

 

冷え性の私は手前の赤いクレイをよく使っています。

 

 

 

Please reload

お知らせ

【募集中】ハーブバスソルトづくり

September 15, 2018

1/10
Please reload

​カテゴリー
アーカイブ
Please reload