天然の抗生物質 「ティートリー」

December 8, 2016

今日は風邪の季節にお勧めの精油「ティートリー」についてご紹介します。

 

 

天然の抗生物質、アロマのスター、万能薬などの代名詞を持つこの精油。

 

アボリジニが葉を摘んで煎じて飲んでいたのをみたイギリス人がティーと呼び、

その木をティートゥリーと名付けたのが名前の由来だそうです。

 

この写真は今年植えたティートゥリー。

背後の雑草と同化して見えませんが

細長くて柔らかい葉です。

 

 

オーストラリアではその効果・効能について多くの研究がなされ

品質は政府によって厳重に管理されているそうです。

 

 

代表的な作用としては

強い抗菌・殺菌作用・・・ニキビケアにも使われます

抗ウイルス作用・・風邪・インフルエンザなどの予防や症状の軽減に

免疫力アップ・・風邪予防、疲労時に

抗炎症作用・・・耳鼻科系、口腔系の炎症などに

 

その他にも放射線治療の際に皮膚に塗布すると防護作用があるとか。

 

私は歯のホワイトニングにも使います。

 

「風邪予防にティートリー」

これは段々知られるようになってきましたね。

 

使い方は

予防であればお部屋にディフーズさせたり、マスクに垂らしたり。

周りで流行っている時やどうしても今感染したくないときは希釈して体に塗ったり。

 

風邪を引いてしまったら

ディフューズ

吸入

オイルで薄めて胸や背中に塗布する

 

さらに効果的な方法としては

ラヴィンツァラやユーカリラディアタなど他の精油と混ぜて

相乗効果を狙う方法もあります。

 

 

精油の選び方

 

原産国のオーストラリアでは政府が品質管理をしていて

 

テルピネン-4-オールという成分が35%以上

1,8シネオールが5%以下

 

この精油を最高品質だと定めています。

成分分析表は購入後しか確かめられませんが、ご参考までに。

ちなみに、私がこれまで購入したプラナロム精油はいずれもこの基準を満たしています。

 

精油の使い方(お肌につける場合)

皮膚を刺激することがあるので

3歳未満の乳児幼児や敏感肌のかたは10%以下に希釈してください。

 

柑橘系の精油と同じで劣化が早いので、

できれば3か月以内に使用するのが望ましいです。

 

今年は早い時期からインフルエンザが猛威をふるっていますので、

アロマも上手に取り入れて感染予防したいものです。

 

 

 

プラナロム社のティートゥリー(10ml)2900円(税別)

 

 

滴売りの場合は1滴16円(税込み)、容器代が173円です。

Please reload

お知らせ

【募集中】ハーブバスソルトづくり

September 15, 2018

1/10
Please reload

​カテゴリー
アーカイブ
Please reload