距離をおく

October 18, 2016

先日のボドゥーセミナーでは

メンタルヘルスケアの研修の中、幾度となく

 

「自分を距離を置いてみる(自分を客観視する)」

「距離をおいて問題をみる」

 

という言葉が出てきました。

 

こうしたことを助ける精油として

 

カモマイルローマン

イランイラン

 

などがあるそうです。

 

 

以前の私は、この「距離を置いてもの(または自分)をみる」ということが本当にできなくて、(もちろん今でもまだまですが、)

随分と余計なストレスをため込んでいたなあと思います。

 

 

家庭でも職場でも生き方でも、

 

「こうあるべき」とか「みんなしているから」とか「普通」とかいう理由で、

あるいは、そんな理由づけさえせずに

 

しんどいことを選んでしまっていることが多々あります。

 

日本の教育は家庭でも学校でも、がんばってなんぼ、勉強も仕事もしんどくて当然、といった価値観を植え付けがちです。

 

 

でもまずは自分が楽しめていることが前提。

がんばること、しんどさも楽しみの土台の上にあって意味をなすのだと思います。

 

 

物質的なものに縛られず、思考でがんじがらめにならず、

 

空(くう)の心境で今を生きられたらいいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

お知らせ

【募集中】ハーブバスソルトづくり

September 15, 2018

1/10
Please reload

​カテゴリー
アーカイブ
Please reload