「認知症を予防・改善する」アロマ

November 3, 2017

「認知症予防×アロマ」

といえばこの4本。

 

ローズマリーカンファー

レモン

ラベンダーアングスティフォリア

オレンジスイート

 

ご主人の健康を気遣われてのご購入でした。

 

 

この4本の精油は


鳥取大学の浦上教授が提唱されている

 

「認知機能を維持するための精油」

 

として挙げられているものです。

 

ちなみに浦上先生は

 

「アロマの香りが

認知症を予防・改善する」

 

という書籍も執筆されています。

 

 

高齢者の4~5人に1人が

認知症になると言われている昨今。

 

団塊の世代が後期高齢者になる

2025年には

認知症の方は700万人まで増加する

と予測されています。 

 

私は前職では、

 

介護予防教室の中で、

 

認知症の治療や予防についてお話させていただく機会が多くありました。

 

「4,5人に1人」とか「700万人」

 

などと言っても皆さんピンとこないのですが、

 

「となり前後の方で4人組を作ってください。

 

この中でお一人は認知症になるという見込みです」

 

と伝えると必ずどよめきが起こり

 

急に我が事のように思えるのが不思議。

 

 

認知症の予防は、40代から始まります。
 

朝はローズマリーとレモンで

 

シャキッと目覚め、

 

夜はラベンダーとオレンジで

 

眠りに誘う。

 

 

 

ローズマリーとレモンの組み合わせは、

 

頭をスッキリ働かせたい時、

 

勉強に集中したい時にもお勧めです。

 

 

ただ、いくら良さそうでも、その香りが苦手なら逆効果。

 

使わない方が良いのです。

 

ちなみに、今回のお客様は、

 

事前に1ミリずつご購入され

 

香りを確認してからのご購入でした。

 

 

 

Please reload

お知らせ

【募集中】ハーブバスソルトづくり

September 15, 2018

1/10
Please reload

​カテゴリー
アーカイブ
Please reload